スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯肉炎の緩和の為の歯磨きのポイント

歯肉炎の緩和、さらに未然に防ぐには、正確な歯磨きの仕方を覚えることが重要です。
歯垢を丁寧に取ることが目的となりますが、単に長時間歯を磨けば良いのかというとそうではありません。
早速、誤りのない歯磨き方法を、チェックしていきましょう。
どうやって歯磨きをしていますかという質問に対して、「最初に歯の裏から磨いて、次に表を磨く」という風に回答する人が多くいるようです。
けれども、そういった概念ではなく、歯は1本ずつ磨くように意識していきましょう。
漠然と「歯の裏側」という括り方をして磨いていると、磨き残しをしやすくなってしまいます。
歯ブラシのブラシ部分には、細い繊維がびっしりと密集していますよね。
これについては、小さく振るわせるような形で磨くことによって、効果を現す形になっています。
ところが力を加えて大幅で緩慢な磨き方をすると、毛先が広がっていき歯間の隙間には届いていきません。
力を入れずに磨くことが大切と言われますが、軽く磨くことで毛先が開いた状態になるのを防ぐことが可能だからなのです。
歯肉炎ができやすい人は、歯の磨き残しが多い人だと言えるでしょう。
横に偏って歯ブラシを動かす癖がある人は、歯ブラシを上下に動かすことや回転させることも行っていきましょう。
気を付けて歯を磨いていても、歯肉炎ができてしまうといった時は、電動の歯ブラシを活用してみてはいかがでしょうか。
人間の手で磨くよりも磨き残しが少なくなるようなので、歯を磨くのが上手ではない人は電動のものを利用してみましょう。
どのようにしても正確に磨くことができない時、専門医で聞いてみればレクチャーを受けることが可能です。
関連記事

tag : 歯肉炎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。